特定不妊治療費を助成しています

更新日:2021年04月01日

 土庄町では特定不妊治療を受けているご夫婦に治療費の一部を助成しています。

特定不妊治療費助成事業の拡充について

・所得要件を撤廃しました。

・助成回数の上限を1子ごとに変更しました。

特定不妊治療費事業の概要について

対象となる治療法

 指定医療機関による特定不妊治療(体外受精および顕微授精)

対象者

 次の条件を満たす方

 1.特定不妊治療が必要と医師に診断を受けた方

 2.1年以上土庄町に住所がある夫婦(法律婚、事実婚を問いません。)

 3.治療期間の初日において、妻の年齢が43歳未満(★)である夫婦

 4.町税等の未納がない方

 5.令和3年1月1日以降に治療を開始した方

★妻の生年月日が昭和52年4月1日から昭和53年3月31日の場合は、44歳未満となります。

助成の内容

 1回の治療に要した費用のうち、県の助成額を控除した額から10万円を上限として助成します。

助成の回数

 初めて助成を受ける際の治療開始時の妻の年齢が、40歳(☆)未満の方は43歳になるまでに1子ごとに通算6回まで、40歳(☆)以上43歳未満の方は1子ごとに通算3回まで助成
 ☆妻の生年月日が昭和55年4月1日から昭和56年3月31日の場合は、41歳となります。

申請時期

治療が終了した日の属する年度内
※令和2年度に限り、令和3年1月から3月までに終了した治療については、令和3年4月末日まで申請することができます。

注)★☆の年齢要件の緩和は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い設けられた特例で、令和3年3月31日までに治療を開始している必要があります。

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉課(やすらぎプラザ)

〒761-4121
香川県小豆郡土庄町淵崎甲1400番地2
電話番号:0879-62-1234 ファックス:0879-62-1235

メールフォームによるお問い合わせ