交通事故などでケガをしたとき

更新日:2020年04月09日

交通事故など、第三者の行為によって受けた傷病の医療費は、原則、加害者が全額負担すべきものです。従って、国民健康保険・後期高齢者医療(以下、「国保など」という)を使って受診したときは、加害者が支払うべき医療費を国保などが一時的に立て替え、後からその費用を加害者に請求することになります。そのため、被害者(被保険者)は、第三者行為による傷病届を提出する必要があります。事故にあったら、必ず警察に届け、国保などを使用する場合は、健康福祉課への連絡・届出をしましょう。

なお、加害者から治療費を受け取ったり、示談を済ませたりすると国保などが使えなくなります。示談を結ぶ前に必ず健康福祉課にご相談ください。

届け出に必要なもの

  • 国民健康保険被保険者証/後期高齢者医療被保険者証
  • 治療を受けた被保険者のマイナンバーカードまたは通知カード
  • 来庁する人の本人確認書類(運転免許証・マイナンバーカードなど)
    代理人(本人と同一世帯以外の人)が届け出る場合は、委任状が必要です
  • 第三者行為による傷病届
  • 念書(兼同意書)
  • 誓約書(加害者に記入していただけない場合は、提出の必要はありません)
  • 事故発生状況報告書
  • 交通事故証明書
    「照合記録簿の種別」が「人身事故」でない場合、人身事故証明書入手不能理由書が別に必要です

申請書ダウンロード

申請書のダウンロードは下記リンクをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉課

〒761-4192
香川県小豆郡土庄町甲559番地2
電話番号:0879-62-7002 ファックス:0879-64-6105

メールフォームによるお問い合わせ