償却資産について

更新日:2020年03月02日

償却資産とは

償却資産は、個人や法人で事業を行っている方(工場や商店、農業、サービス業などの事業を営んでいる方など)が、その事業のために使用する構築物、機械、器具、備品などのことをいいます。固定資産税の対象となる償却資産には主に以下のようなものがあります。

償却資産の例

  • 構築物…塗装路面、煙突、鉄塔、広告塔など
  • 機械及び装置…各種製造設備等、クレーン、ブルドーザー等の機械装置など
  • 船舶…ボート、釣船、漁船、貨客船、遊覧船など
  • 車両及び運搬具…大型特殊自動車、貨車、客車、トロッコなど
  • 工具器具及び備品…パソコン、事務机、陳列ケース、自動販売機、医療機器など

上記のほか、次のようなものも固定資産税の対象となります。

  • 耐用年数が経過し、減価償却が済んでいるもの。
  • 福利厚生の用に供するもの。
  • ほかの事業所に貸し付けてある資産(リース資産)。
  • 遊休及び未稼働であっても事業の用に供することのできる資産。

償却資産の申告

償却資産を所有している方は、毎年1月1日現在に所有している償却資産について、1月31日までに所在する市町村に申告しなければなりません(地方税法383条)。
申告する内容は、所有している償却資産の所在、種類、数量、取得時期、取得価額、耐用年数などがあります。
申告用紙が必要な方は、申告書の様式を下記リンクからダウンロードしてください。申告書の郵送を希望する方は税務課までご連絡ください。

この記事に関するお問い合わせ先

税務課

〒761-4192
香川県小豆郡土庄町甲559番地2
電話番号:0879-62-7001 ファックス:0879-64-6105

メールフォームによるお問い合わせ