背景色
白
黒
青
文字サイズ
大
標準
  1. TOP
  2. お知らせ
  3. せとうち備讃諸島日本遺産ガイド養成用マニュアル作成業務における公募型プロポーザルの実施について【外部リンク】

せとうち備讃諸島日本遺産ガイド養成用マニュアル作成業務における公募型プロポーザルの実施について【外部リンク】

令和元年5月20日、笠岡市、丸亀市、土庄町、小豆島町の2市2町で共同申請した「知ってる!?  悠久の時が流れる石の島~海を越え、日本の礎を築いたせとうち備讃諸島~」のストーリーが日本遺産に認定されたところです。

日本遺産の目的と事業の方向性は、①地域に点在する文化財の把握とストーリーによるパッケージ化、②地域全体としての一体的な整備・活用、③国内外への積極的かつ戦略的・効果的な発信とされており、具体的には、点在する遺産を「面」として活用・発信し、パッケージ化した文化財群を一体的にPRすることで、地域のブランド化・アイデンティティの再確認を促進するものです。

また、2020年の東京オリンピック・パラリンピックでは数多くの外国人旅行者が来日することが予想されており、日本遺産がその受け皿となり、地域の活性化に結びつけていくことが理想とされています。

これらのことを実現していくためには、地域の文化や魅力を深く知り、適時適切な情報の発信と現地案内ができるガイドの充実が不可欠であり、せとうち備讃諸島日本遺産推進協議会(以下「推進協議会」といいます。)では、地域活性化計画においても日本遺産ガイドの養成事業を推進していくことにしています。  

優秀なガイドを養成するためには、構成文化財をはじめ、地域の歴史・文化・伝統・産業等を学ぶための質の高い統一的なマニュアルが不可欠であり、その作成業務を委託するものです。

詳しくは、次のリンクよりご確認ください。