1. TOP
  2. お知らせ
  3. 第37回瀬戸内海タートルフルマラソン全国大会が開催されました

第37回瀬戸内海タートルフルマラソン全国大会が開催されました

さる11月27日(日)、「第37回瀬戸内海タートル・フルマラソン全国大会」が開催されました。今年も北は北海道から南は九州・沖縄まで全国から集結した2,387人のランナーが晩秋の小豆島路を疾走しました。

 当日はあいにく朝から雨模様でコンディションの悪い中での開催でしたが、大会の日にこのマラソン大会と同じ37歳の誕生日を迎えた富永選手の力強い選手宣誓の後、ゲストランナーの山口衛里さんが10kmのマラソンに参加し大会は大いに盛りあがりました。

 コース上では各地区の婦人会による給水所も設けられそれぞれで趣向を凝らしたお接待が行われました。沿道では雨にも関わらず力走するランナーに多くの声援が送られました。

 また、目島地区の沿道では今年の伊喜末八幡神社の秋祭りで滝宮太鼓台に飾られたサッカー選手の像も登場し力走するランナーをさらに力づけました。

 会場周辺では土庄町商工会青年部を中心としたにゅうめん(温かい素麵)接待、土庄町体育協会・ボーイスカウトなど各種団体から運営ボランティアを頂き、無事大会を終了することができました。

 37回を迎え秋の小豆島のビッグイベントとして定着したタートルマラソン。地元の方々や様々なボランティアの方の支えがあって大会は成り立っています。島ならではの他にはない感動を選手たちには感じていただけたのではないでしょうか。

今年も多大なるご支援ご協力、誠にありがとうございました。